ちょっと変わったアルバイト

茨城県は千葉県に隣接し、関東東北部に位置しています。その茨城という地名は廃藩置県後、間もなくに行われた県の統合の際に、茨城郡の水戸に県庁が置かれたということが由来となっているようですが、もともとは賊を討つために茨の柵を築いたことに由来するという説など、様々あるようですね。『万葉集』にも「みちのへの茨の末に延、豆のからまる君をはかれか行かむ」という歌があるといいます。
そんな茨城県で有名なものと言えば、納豆、そしてあんこう鍋でしょうか。納豆は鉄道(水戸線)の開通にともない、笹沼清左衛門という人が土産品として納豆を販売したのをきっかけに、産地としてもっとも知られるようになったのだといわれています。ちなみに水戸の日といわれる3月10日に毎年「納豆早食い大会」が開催されているという話もあるようです。また、あんこう鍋については、茨城県の沖合では寒流と暖流が混じり合い、豊かな漁場を形成しているため、あんこうをはじめとした様々な魚が取れるため、よく食べられるようになったようです。
そんな茨城県でアルバイトの求人数が多い都市といえば、水戸市、土浦市、つくば市です。せっかくなら深夜のアルバイトでガッツリ稼ぎたい!と思っている人にもぴったりな求人が多数あります。まずは、コンビニやファミレスなどの接客業。接客が苦手な人には、工場スタッフや物流センターでの仕分け作業の仕事があります。ちょっと変わった深夜のアルバイトでは、オフィスの移転作業のスタッフがあります。こちらは引越しスタッフ同様、力仕事が多いので男性が求められています。夜の9時から翌6時までの勤務ですが、若者からシニア世代まで幅広い年齢層に人気の高いアルバイトです。

Leave a Reply